俳句思考

禅とか、仏教の考え方を取り入れましょう
という本が最近出てきました。

私も賛成です。
心を落ち着けたり、考え方をちょっと変える
だけで、見える世界が変わってきます。

でも、俳句はその考え方に基づきつつ、
自分の頭で考えたことを具体的な言葉にまで
落とし込みます。

最強です。

景色7

俳句と敷居

俳句は敷居が高いという人がいます。

確かにクオリティを求める俳句がほとんどです。
でも、絵にもいろんなジャンルがあります。

写真のようにきれいに描いた風景画も、
ポップな感じの絵も、抽象画も。

そして、小さい子が書いた「お母さんの顔」は
クオリティは低くても心を打ちます。

絵は描くことに意味がある。

俳句も同じです。
作ることに意味があるのです。

景色4

俳句とアイディア出し

仕事をしていて新しいアイディアを出すとき、他の業界のやり方を応用してみるとすごくいいものができたりしますよね。

俳句も同じことをしています。
名詞と動詞の組み合わせを変えてみるのです。

いつもは、花 咲く だけれども、
これを、 花 笑う とか
あるいは、花 泣く なんてどうだろう

とやっていって新しい表現を探すのです。

・・・いいね!って言われることもあるし、やり過ぎって言われることもありますけど。

 

 景色71