体力  健康になる

吟行に行くために早寝早起きをして、空気と景色のきれいなところに出かけ、たくさん歩き、仲間と笑い、ということをしていると、とても健康的です。

 

人間、大事な予定・大好きな予定の前には風邪をひかないものです。

昔、遠足の前の晩はワクワクしていました。

遠出の吟行に行くのはそんな状態です。

 

 そして、年配の方が多いので、いろいろな健康情報が入ってきます。

 

サラリーマン時代はどうしても仕事が忙しくて、健康に気を使う暇がなかった人でも、引退して少し余裕ができると、ダイエットを始めたり、よく歩くようにしたりと、みなさん健康を気遣っています。

 

 周りがみんなそうなので、「自分もやらなきゃ」という気になってきます。

楽しみながら自然と健康になっていける、とてもいい環境だと思います。

高いお金を払ってスポーツクラブに行くよりよっぽどおすすめです。

行動力  意外と行動範囲は広い

俳句はお年寄りがやっているイメージですが、吟行の範囲は実に広範囲です。

 

お金と時間に余裕のある方は海外旅行に行かれます。

ある程度の人数がまとまると、旅行会社さんと交渉して独自にプランを作ってもらうこともあります。

吟行に行くようなところは、だいたい足が不便なところなので、地元のバスを調べたり、事前に車を予約したり。

次から次と、内容が決まって片付いていきます。

会社の若者たちにこんなに行動力あったかしら・・・と思ってしまいます。

 

みんな職業は違うのに、計画の立て方・進め方は同じなんだ、というのは私の大きな学びでした。

であれば、会社の仕事もいろいろな会社の人とアイディアを共有して、いいものが生まれるのではないかと思います。

 

自己管理力  吟行は早起き

都内に住んでいると、海とか山とか、きれいな自然に出逢うにはそれなりに時間をかけないと出逢えません。

 

平日は仕事をしながら俳句をやっている人がほとんどなので、吟行に行く時間は土日に限られます。

特に女性は子供の面倒をみなければ、というのがあるので、日帰り吟行になることが多いです。

 

そうなると、自然と早く起きて遠出して、そこそこの時間で帰るということになります。

 

だいたい「田舎」方面に行くので、電車の数も少なく、一本逃すとみんなを待たせることになるので、きちんと時間は守らなければいけません。

 

土日は10時前には起きれない、と言っていたのが嘘のようです。

土日って、早起きすればこんなに時間があったんだ・・・

 

忘れ物をしない、事前に確認する、などさまざまな管理能力が身に付きます。

観賞力  いい景色を見るといい句が作れる

吟行と称して海外旅行に行く方もいます。

エーゲ海方面とか、景色のきれいなところは人気があります。

 

私は仕事で中東に出張に行く機会がありました。

車で移動中とか、休憩時間に一生懸命景色を見て句を練っていました。

 

目の前にラクダがあるいているとか、ちょっとわき道に入ると砂山とか、普段見られない景色が広がっていました。

山ほど感動があります。いい題材がたくさん揃っていました。

私はふとこんなことを思いました。

お金をかければいい仕事ができると。

 

大企業はCMにもふんだんにお金が掛けられます。

羨ましいと思います。

逆に言うと、お金だけに頼ってはいけないということでもありますが。

 

楽天力  吟行は楽しい

吟行はみんなで出かけるので、自然とおしゃべりが増え、笑い声が絶えません。

いつも一緒にいる句会の人たちと出かけることが多いので、お互いのことをよく知っていて冗談もよく出ます。

 

普通に出かける旅行だと騒いで終わりになってしまうのですが、吟行は俳句を作るという目的があります。

騒ぎつつも、集中するときは集中します。

 

句会が始まる間際になると、今までうるさかったのがうそのように静かになります。

みんな句をひねり出しているのです。

 

そして出来上がった句会は、みんな共通のものを見て作っているので、いつもの句会より何倍も楽しくなります。

 

仕事も何とかこんな風に楽しくすることはできないものでしょうか。

真面目にやるだけが仕事だとは思わないのですが。

 

市場調査力  吟行に行く

俳句を作るために、景色のきれいなところに出かけたり、旅行に行きます。

これを吟行と言います。

 

俳句は実感のないものはすぐ見破られてしまいます。

ですから、現場を見ることがとても大事です。

現場を見ることで、よりしっかり見ることもできるし、見ることで感動も生まれます。

 

初めて行った場所は大きな感動が入っていますので、本当にいい句ができます。

 

同じ場所でも季節を変えたり、天候が違うと全く違う気持ちが生まれます。

吟行に行った数だけ俳句が生まれます。

 

市場調査をする場合も、うまい調査をする人は一度や二度見て決めることはないと思います。

何度も通ったり、時間帯を変えて見たり、いろいろな方法で観察するはずです。