小林一茶の数霊

小林一茶の数霊は「まっしぐらな人」です。

雪とけて村いっぱいの子どもかな
雀の子そこのけそこのけお馬が通る

動物や子供をそのまま俳句にした
純粋さはそこから出ているのかもしれません。

景色40
広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中