日本人のDNA

昨日は一緒にいたお仲間と歌舞伎の話で
盛り上がりました。

以前は全く興味なかったのですが、猿之助さんの
スーパー歌舞伎を観たらはまったそうです。

私は現猿翁さんがまだ猿之助さんだった頃の
スーパー歌舞伎を見てはまりました。

日本人はやっぱり日本文化好きなのです。
知らないから、好きかどうかわからないだけです。

俳句もきっとそうなんだろうなと思います。

とりあえず聞いてみる、やってみる、って
大事だと思います。

景色84
広告

月の名前

美しい日本語がたくさんあります。

日本人は月にたくさんの名前を付けました。
私が生まれた日の月は「神香月(かみかづき)」と呼ばれます。
26日月。もう少しで新月になる月で、神秘的な力雰囲気を持っています。
これに「神が香る」と付けた、日本人の感性って素敵です。

景色82

俳句とノウハウ

セミナーというと、「~のやり方・使い方」といったノウハウものがほとんどです。

人はそれに慣れ過ぎてしまっているのではないかと思います。

1,2時間話を聞けば答えが見つかる。
・・・そんなこともあるかもしれません。

けれど、本当にすべてが解決するでしょうか?

解決策なんてない。
何年もかかる。
もしかしたら、そういう世界に本当の答えが眠っているかもしれません。

あるいは答えを出さないことも大事かもしれません。

そんなときのために、俳句のような世界はあります。

 

 景色80

俳人の年賀状

そろそろ年賀状書かないと、という季節ですね。

俳人たちは年賀状に「あけましておめでとう」などと書きません。
年号だとか、干支の絵も入れません。

自分の句を書いて、終わりです。

人と違う年賀状。
なかなか粋です。

景色78

俳句と婚活

長谷川京子さんとか、戸田菜穂さんが、俳句が縁で結婚されたというのは有名な話です。

俳句は共通の趣味になるし、感情表現もできますから、
婚活にはぴったりですね。

婚活パーティに行って普通のおしゃべりをするよりも、
句会でおしゃれに俳句を披露する方がゲット率が高いかもしれません。

 

 景色76

昔の日本人が健康だったのは

ちょっと前までの日本って、うつ病なんて、
あんまり聞かなかったですよね。

その秘密は、俳句の世界からも見ることができます。
リズム、バランス、・・・・
季語にはいろいろな秘密が隠されています。

そんな話もします。
どうぞお越しを!

 

http://kokucheese.com/event/index/129168/

生きた証

死を覚悟するほどの病気になった私は、退院してから俳句に没頭しました。

人は死を意識した時、「生きた証」を残したくなるものだとわかりました。

私にとっては、その手段が俳句だったのです。
自分らしさを表現するのに、俳句は最高でした。

みなさんにとって、自分らしさを表現するものはありますか?

自分が生きてきた軌跡を残すツールとして、
俳句もお勧めします。

 

 景色74

人を動かす文章が書きたい人へ

プロのコピーライターの方がコピーを作る過程と、俳句を作る過程はよく似ています。

だから、俳句の作り方を学べば、文章は書けるようになります。

・・・でも、文章が書けるだけでは不完全。
人に伝わらなければ。

まず、自分が何をどう感じているのかを認識し、それを伝えなければ、人の心は動きません。

「恋」というスパイスは、自分の感情を認識するのに最適です。

そんな、「恋」という題材を使って、こんな句会を用意しました。

http://ameblo.jp/kittywhite2000/entry-11709968341.html

ぜひ、文章力磨きに来てください!

 

 景色72

漢字に頼らない

よく、1000円を「1000縁」、成功を「成幸」などと書く人がいるのですが、私の俳句の先生はこれを嫌がりました。

漢字に頼らないで、言いたいことは言葉できちっと表現しなさい、と教わりました。

男を「漢」と書いたりするのも、よほど意味を込めたいことがない限り普通の「男」を使いなさい、どういう男かは残りの文字で表現しなさい、と教わりました。

これは普通の文章にも言えることで、文章は人に伝わってなんぼです。
独りよがりな漢字の使い方は、そこで読む人が立ち止ってしまうので、すーっと頭に入りません。

文章のうまい人は、確かに立ち止まらせない文章を書いているなと思います。

 

 景色71